理化学研究所(理研)生命システム研究センター オミックス動態研究ユニットの城口克之ユニットリーダーらの共同研究チームは、従来の次世代シークエンサーを用いた「DNA分子バーコード法」を改良し、1万個以上の核酸分子(DNAおよびRNA)を正確に数える手法を開発したうえで、複数の試料由来の結果が混ざる問題も解決しました。

プレスリリースはこちら