当社は、Sunovion Pharmaceuticals Inc. (Sunovion社、 マサチューセッチュ州マールボロ)が米国において、慢性気管支炎および肺気腫を含む慢性閉塞性肺疾患(COPD)による気道閉塞性障害に基づく諸症状を緩和する長期維持療法として、「Seebri Neohaler」(一般名:グリコピロニウム臭化物)の販売を開始したことを確認いたしましたので、お知らせいたします。SeebriNeohalerは、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)です。本日のお知らせは、2017年4月にSunovion社が米国において、COPD患者さんの長期維持気管支拡張療法を適応とした吸入型の配合剤(LAMA/LABA)であるUtibron Neohaler(グリコピロニウム臭化物/インダカテロールマレイン酸塩)を発売したことを踏まえたものです。

プレスリリースはこちら