イーライリリー・アンド・カンパニー(以下リリー)(NYSE: LLY)は、米国食品医薬品局(FDA)がVerzenio(アベマシクリブ)を、内分泌療法後に増悪したホルモン受容体陽性(HR+)、ヒト上皮増殖因子受容体2陰性(HER2-)の進行または転移性乳癌の女性患者に対するフルベストラントとの併用療法、および転移性乳癌に対する内分泌療法および化学療法後に増悪したHR+、HER2-進行または転移性乳癌の成人患者に対する単独療法として承認したことを発表しました。Verzenioは、フルベストラントとの併用療法および単独療法として、FDAにより承認されたサイクリン依存性キナーゼ(cyclin-dependent kinase:CDK)4および6阻害剤です。Verzenioの承認取得日は2017年9月28日です。

プレスリリースはこちら