アストラゼネカ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長:マーク・デュノワイエ、以下、アストラゼネカ)は、2017年10月14日、第58回日本肺癌学会学術集会において、局所進行あるいは転移性EGFR変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対するタグリッソの一次治療の有用性を検討したFLAURA試験の全集団および日本人サブグループ解析の結果を発表しました。

プレスリリースはこちら