当社開発品の眼科手術補助剤「DW-1002(一般名:BBG250、九州大学病院開発コード:A0001)」に関し、日本の白内障手術時の水晶体前嚢染色を対象として、九州大学病院(福岡市東区、病院長:石橋達朗)が主体となり全国7医療機関で実施する、医師主導治験(国内第III相臨床試験)を開始いたしましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら