奈良先端科学技術大学院大学(奈良先端大)情報科学研究科 数理情報学研究室の池田和司教授、久保孝富特任准教授、Jaymar Soriano(博士後期課程学生)らは、脳の局所的な温度を下げることで、てんかん発作の抑制効果が期待できる局所脳冷却の作用メカニズムについてシミュレーションを通じて新たな見解を得ました。

プレスリリースはこちら