中川一路医学研究科教授らの研究グループは、細胞内に侵入した病原細菌や不要になったミトコンドリアをオートファジー(自食作用)が識別して分解する仕組みを明らかにしました。

プレスリリースはこちら