フランス・パリおよびマサチューセッツ州ケンブリッジ-2017年9月20日- サノフィ(フランス・パリ)のスペシャルティケアグローバルビジネスユニットであるサノフィジェンザイムとRNAi療法をリードする企業のAlnylam Pharmaceuticals社(マサチューセッツ州ケンブリッジ、Nasdaq:ALNY)は本日、ポリニューロパチーを呈するトランスサイレチン(ATTR)型家族性アミロイドーシスの治療薬として現在開発中の遺伝子干渉(RNAi)治験薬であるpatisiranの第III相APOLLO試験において、有効性の主要評価項目と全ての副次評価項目を達成したことを発表しました。

プレスリリースはこちら