理化学研究所(理研)生命システム研究センター集積バイオデバイス研究ユニットの船野俊一特別研究員、太田亘俊特別研究員、佐藤麻子テクニカルスタッフ、田中陽ユニットリーダーの研究チームは、細胞や生体分子の機能を損なわず、マイクロ流体チップ中にパッケージングする手法を開発しました。

プレスリリースはこちら