メルクセローノ株式会社(以下、メルク;本社:東京都目黒区、代表取締役社長:レオ・リー)とファイザー株式会社(以下、ファイザー;本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田一郎)は、2017年9月27日、両社が共同開発を行っている抗PD-L1抗体「バベンチオ点滴静注200mg」(一般名:アベルマブ(遺伝子組換え)、以下、バベンチオ)について、「根治切除不能なメルケル細胞癌」の効能・効果で厚生労働省よりメルクが製造販売承認を取得したことをお知らせいたします。

プレスリリースはこちら