JST戦略的創造研究推進事業の一環として、東京大学の深井周也准教授らは、パーキンソン病関連たんぱく質USP30とユビキチン鎖が結合した状態の立体構造を決定し、そのユビキチン鎖切断メカニズムを解明しました。

プレスリリースはこちら