理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター免疫転写制御研究グループの香城諭上級研究員、谷内一郎グループディレクターらの研究チームは、マウスを用いて、転写因子Bcl11bがヘルパーT細胞、キラーT細胞および制御性T細胞への分化を適切に管理する重要な役割を担っていることを解明しました。

プレスリリースはこちら