篠原隆司 医学研究科教授、香月康宏 鳥取大学准教授、小倉惇郎 理化学研究所バイオリソースセンター室長、鈴木輝彦 東京都医学総合研究所主席研究員らの研究グループは、精子幹細胞への人工染色体導入法を開発し、人工染色体導入マウスの作成に成功しました。

プレスリリースはこちら