国立大学法人京都大学、細胞集団が移動方向を調節して組織を形作る、新しい仕組みを発見

(2017.09.14 11:40)

 新田昌輝生命科学研究科研究員、上村匡同教授、杉村薫高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定拠点准教授らの研究グループは、細胞が器官を形作る際に動いていくメカニズムの一端を明らかにしました。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧