ノバルティス ファーマ株式会社、ノバルティス、難治性または2回以上の再発を認めるB細胞性急性リンパ芽球性白血病の小児および若年成人の患者さんの治療薬として、CAR-T細胞医療CTL019が初めてFDAの承認を取得

(2017.09.14 11:39)

 ノバルティスは本日、米国食品医薬品局(FDA)が難治性または2回以上の再発を認めるB細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)の25歳以下の患者さんを対象とする初めてのキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)医療であるCTL019(一般名:tisagenlecleucel、海外における製品名:「Kymriah」)の静脈注入用懸濁液を承認したことを発表しました。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧