国立大学法人 東京工業大学、欲しいものだけを合成する新触媒―医農薬からバイオマスの高付加価値化まで―

(2017.08.10 10:53)

 東京工業大学科学技術創成研究院の原亨和教授、鎌田慶吾准教授、喜多祐介助教らは「ルテニウム-酸化ニオブ複合体触媒」(Ru-Nb2O5)が他の触媒とは異なり、複素環式芳香族化合物を含む様々な芳香族アルデヒドから有用な芳香族アミンだけを合成できることを発見した。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧