国立研究開発法人理化学研究所、T細胞の分化を制御する転写制御機構を解明

(2017.05.19 11:37)

 理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター免疫転写制御研究グループの谷内一郎グループディレクター、角川清和研究員らの研究チームは、マウスを用いて、ゲノムオーガナイザーとして知られるSATB1タンパク質がヘルパーT細胞、キラーT細胞、ナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)、さらには制御性T細胞などへの分化制御において重要な働きをしていることを発見しました。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧