エーザイ株式会社、第53回米国臨床腫瘍学会年次総会におけるエーザイのがん領域の開発品・製品に関する演題について

(2017.05.19 11:34)

 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、2017年6月2日~6日に米国シカゴで開催される「第53回米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology:ASCO)年次総会」において、当社が創製したレンバチニブメシル酸塩(新規結合様式を有する選択的チロシンキナーゼ阻害剤、製品名:「レンビマ」「Kisplyx」、以下レンバチニブ)、エリブリンメシル酸塩(ハリコンドリン系微小管ダイナミクス阻害剤、製品名:「ハラヴェン」、以下 エリブリン)、および当社米国研究子会社H3 Biomedicine Inc.創製のH3B-8800(スプライシングモジュレーター)に関する最新試験データを発表することをお知らせします。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧