旭化成ファーマ株式会社、骨粗鬆症治療剤「テリボン皮下注用56.5μg」の投与期間上限延長の承認取得について

(2017.05.19 11:33)

 旭化成ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:柴田 豊)は、骨粗鬆症治療剤「テリボン皮下注用56.5μg」(一般名:テリパラチド酢酸塩、以下「本剤」)について、本日、投与期間の上限を現行の72週間から24ヵ月間に延長する承認事項一部変更承認を取得しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧