曽根正光iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)研究員、山本拓也同講師らの研究グループは、マウスの繊維芽細胞に初期化(分化した体細胞の核がリセットされ、発生初期の細胞核の状態に戻り、多能性幹細胞などに変化すること)因子Oct4、Sox2、Klf4と共に遺伝子Zic3とEsrrbを導入すると、Zic3とEsrrbが細胞代謝(細胞が活動するうえで、外から取り入れた無機物や有機化合物をもとに新しい分子を合成したり、エネルギーに変換したりすること)を制御し、相乗的に初期化の効率を上げることを発見しました。

プレスリリースはこちら