JST戦略的創造研究推進事業において、東北大学の稲葉 謙次教授、熊本大学の小椋光教授、京都産業大学の永田和宏教授らのグループは、X線結晶構造解析により、ジスルフィド結合開裂酵素ERdj5のクラスターの配向が異なる2つの結晶構造を解明しました。

プレスリリースはこちら