理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター神経回路・行動生理学研究チームのトーマス・マックヒュー チームリーダーらの国際共同研究チームは、マウスの脳内で記憶を担う海馬のCA2が、海馬内の局所神経回路の「活性化/抑制バランス」を制御し、記憶や場所の認識に関わる神経回路の暴走を防ぐ仕組みを発見しました。

プレスリリースはこちら