当社は、このたび、「ALUNBRIG」(一般名:brigatinib)について、クリゾチニブ投与中に進行した、あるいはクリゾチニブ抵抗性の未分化リンパ腫キナーゼ遺伝子転座陽性(ALK陽性)の転移性非小細胞肺がんに対する治療剤として、米国食品医薬品局(FDA)より販売許可を取得しましたのでお知らせします。本適応については、腫瘍奏効率および奏効期間に基づき、迅速承認制度に則り販売許可を取得しました。本適応症の承認継続の可否については、確認試験における臨床ベネフィットの検証によって決定されます。本剤は、FDAからBreakthrough Therapy(画期的な治療薬)に指定されており、食事の影響なく投与できる1日1回の経口剤です。

プレスリリースはこちら