横山明彦医学研究科特定准教授(現 国立がん研究センターチームリーダー)らの研究グループは、国立がん研究センターと共同で、悪性度が高く乳児に多いMLL遺伝子変異を伴う急性白血病について、がん化を引き起こすメカニズムを分子レベルで解明し、同成果をもとに分子標的薬2剤による併用療法で高い抗腫瘍効果が期待できることを実験的に証明しました。

プレスリリースはこちら