小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良暁、以下、当社)は、4月27日に台湾の子会社である台灣小野藥品工業股●有限公司(以下、台湾小野)が、ヒト型抗ヒトPD-1(programmed cell death-1)モノクローナル抗体「オプジーボ20mg、100mg点滴静注(一般名:ニボルマブ)」(以下、オプジーボ)について、「血管新生抑制の治療歴を有する進行期腎細胞がん」の治療薬として、台湾食品薬物管理局(TFDA)から承認を取得しましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら