慶應義塾大学、ミシガン大学(米国)、シカゴ大学(米国)、は、乳幼児期の腸内細菌叢の成熟化が腸管感染抵抗性に重要であることを明らかにしました。これは慶應義塾大学薬学部の金 倫基(きむ ゆんぎ)准教授(前ミシガン大学医学部病理学部門研究員)、慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)の福田真嗣(ふくだしんじ)特任准教授(JSTさきがけ研究者)、ミシガン大学医学部病理学部門のGabriel Nunez(ガブリエル ヌネッツ)教授・坂本 啓(さかもと けい)博士研究員、シカゴ大学病理学部門のCathryn R. Nagler(キャスリン ナグラー)教授、を中心とする研究グループの成果です。

プレスリリースはこちら