老木紗予子 農学研究科博士課程学生、橋本渉 同教授、村田幸作 摂南大学教授らの研究グループは、鼠咬症(鼠に咬まれた傷から起こる疾患)を引き起こすグラム陰性連鎖桿菌が、動物の細胞外マトリックスの主な成分グリコサミノグリカン(以下、GAG)をどのように分解・吸収するのか、その分子メカニズムの一端を明らかにしました。

プレスリリースはこちら