ヤンセンファーマ株式会社は、中等度から重度の活動性関節リウマチ患者の治療を目的として開発中のヒト型抗インターロイキン(IL)-6モノクローナル抗体製剤(一般名:シルクマブ(遺伝子組換え)、以下、シルクマブ)の皮下投与における有効性及び安全性を評価する2つの主要な第III相臨床試験(SIRROUND-D試験とSIRROUND-T試験)の日本人患者における結果を日本リウマチ学会(JCR)総会にて発表しました。

プレスリリースはこちら