山田雅保農学研究科准教授、宮本圭近畿大学講師、ジョン・ガードンケンブリッジ大学教授らの研究グループは、3種類の化合物を培養培地中に添加するだけで、体細胞クローンマウスが誕生する割合を従来法よりも劇的に改善する新手法を世界で初めて発見しました。

プレスリリースはこちら