内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム(プログラム・マネージャー:原田博司)のプロジェクトの1つであるヘルスセキュリティ(プロジェクトリーダー:学校法人自治医科大学・永井良三学長)の一環として、同大学内科学講座循環器内科学部門・苅尾七臣教授の研究グループおよび株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島泰信)の共同研究により、気温・気圧に加え、高感度身体活動などの環境生活信号と、血圧・脈拍・カフ容積脈波形の生体信号を同時に時系列記録できるマルチセンサー携帯型自動血圧計TM-2441「医療機器承認番号229AHBZ00007000」を開発しました。

プレスリリースはこちら