東北大学大学院医学系研究科(宮城県仙台市)と慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)は、慢性腎臓病の病態における腸内細菌叢の関わりを明らかにしました。これは東北大学大学院医学系研究科病態性制御学分野および医工学研究科の阿部高明(あべ たかあき)教授と三島英換(みしま えいかん)医学部助教、慶應義塾大学先端生命科学研究所の福田真嗣(ふくだ しんじ)特任准教授(JSTさきがけ研究者)を中心とする研究グループの成果です。

プレスリリースはこちら