キョーリン製薬ホールディングス株式会社の子会社である杏林製薬株式会社は、開発中の過活動膀胱治療剤「KRP-114V(一般名:ビベグロン)」について、この度、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.とアジア地域におけるライセンスを取得する契約を締結いたしました。今回の契約は、2014年7月に杏林製薬が米国メルク社と締結した日本国内におけるライセンス契約の範囲を、アジア地域に拡大するものです。今回の契約締結により、杏林製薬は韓国・台湾・香港・ASEAN10カ国における本剤の独占的な開発権及び製造販売権を取得いたします。

プレスリリースはこちら