JST戦略的創造研究推進事業において、慶應義塾大学医学部の七田崇講師(非常勤)、吉村昭彦教授、筑波大学医学医療系の高橋智教授らは、脳梗塞後の炎症反応を収束させる遺伝子群を新たに発見し、これらの遺伝子群を制御することで炎症を早く収束させて、神経症状を改善できることを動物実験で明らかにしました。

プレスリリースはこちら