清中茂樹工学研究科准教授、浜地格同教授、柚崎通介慶應義塾大学教授らの研究グループは、脳内にあり、記憶の強化や減弱に深く関わる神経伝達物質受容体であるAMPA受容体に蛍光の目印をつけ(蛍光標識)、イメージングで動きを調べることができる新たな手法を開発しました。

プレスリリースはこちら