桝田哲哉農学研究科助教、岩田想医学研究科教授(理化学研究所グループディレクター)、菅原道泰理化学研究所特別研究員、鈴木守大阪大学准教授、登野健介高輝度光科学研究センターチームリーダーらの共同研究グループは、X線自由電子レーザー(以下、XFEL:X-ray Free-Electron Laser)施設「SACLA」を用いた「連続フェムト秒結晶構造解析(以下、SFX)」という手法を使い、酵素の一種である「プロテイナーゼK」の構造を原子分解能(原子間結合距離(1.20オングストローム)以下の分解能)での解析に成功しました。SFXを用いて原子分解能で構造決定した初めての成果です。

プレスリリースはこちら