ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、米国食品医薬品局(FDA)が、フルオロピリミジン、オキサリプラチン、およびイリノテカンを含む化学療法の治療歴を有するミスマッチ修復機構欠損(dMMR)または高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)の転移性大腸がん(CRC)患者を対象とした、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)の適応拡大の生物学的製剤承認一部変更申請(sBLA)を受理したことを発表しました。

プレスリリースはこちら