大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田正世)は、パーキンソン病治療剤「トレリーフ」(一般名:ゾニサミド、以下「トレリーフ」)のパーキンソニズムを伴うレビー小体型認知症患者を対象としたフェーズ3試験(以下、「本試験」)において、主要評価項目を達成したという良好な解析結果の速報を得ましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら