高橋英彦医学研究科准教授、鶴身孝介同助教、藤本淳同研究員(現放射線医学総合研究所博士研究員)らの研究グループは状況に応じて最適なリスクの取り方を切り替える必要のあるギャンブル課題を考案し、患者のリスクへの態度に特徴が見られるかどうかを検討しました。

プレスリリースはこちら