三芳秀人農学研究科教授らの研究グループは、米国・レンセラー工科大学と共同で、コレラ菌など一部の病原性細菌のエネルギー代謝に必須の酵素(ナトリウム輸送性NADH-キノン酸化還元酵素、以下、NQR)へ阻害剤が結合している部位を初めて明らかにしました。

プレスリリースはこちら