リストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、本日、膠芽腫(GBM)の初回再発患者を対象にオプジーボの有効性と安全性を評価した第III相無作為化臨床試験であるCheckMate-143試験が、ベバシズマブ単剤療法と比較して、主要評価項目である全生存期間 の改善を達成しなかったことを発表しました。

プレスリリースはこちら