2017年3月23日、ドイツ・ダルムシュタットおよび米国・ニューヨーク発-独メルク社(以下、メルク)と米ファイザー社(以下、ファイザー)は本日、米国食品医薬品局(以下、FDA)が、BAVENCIO(一般名:アベルマブ(遺伝子組換え))20mg/mLを、成人および小児(12歳以上)の転移性メルケル細胞がん(以下、MCC)治療のための静注用製剤として承認したことを発表しました。

プレスリリースはこちら