奥野恭史 医学研究科教授、荒木望嗣 同准教授、鎌田真由美 同研究員、片山量平 がん研究会主任研究員らの研究グループは、理化学研究所と共同で、肺がん治療に効果のあるオシメルチニブに耐性となった細胞に対して、現在ALK阻害薬として開発が進んでいるブリガチニブが有効であることを発見しました。

プレスリリースはこちら