宿南知佐ウイルス・再生医科学研究所客員教授(広島大学教授)、開祐司同教授、近藤玄同教授、吉本由紀広島大学特任助教らの研究グループは、腱・靱帯やその連結部にあたる軟骨など、筋骨格系を繋ぐ組織の成熟には転写因子Scleraxis(Scx)が必要であることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら