欧州医薬品庁(EMA)の医薬品評価委員会(CHMP)は12月16日、効能効果の変更を含むジャディアンス(エンパグリフロジン)の添付文書の改訂に肯定的見解を示しました。CHMPは、食事と運動による糖尿病治療の補助として、血糖コントロールが不十分な成人2型糖尿病患者に対する治療にジャディアンスを推奨していますが、今回推奨された製品情報には、2型糖尿病患者の血糖コントロール改善に関するデータに加えて、心血管疾患を有する2型糖尿病患者の心血管死のリスク減少に関するデータが含まれています。ジャディアンスは、現在のところ、心血管アウトカムに特化した臨床試験で心血管死のリスク減少を示した唯一の経口糖尿病治療薬です。

プレスリリースはこちら