東北大学大学院医学系研究科の清水 律子教授(分子血液学分野)、平野 育生助教(分子血液学分野)、山本 雅之教授(医化学分野)らは、赤血球産生を誘導するホルモンであるエリスロポエチン(EPO)の組織特異的な制御機構を解析し報告しました。また、腎臓特異的なEpo遺伝子転写制御機構の破壊により貧血となるマウス系統を樹立し、新たな腎性貧血マウスモデルとして報告しました。

プレスリリースはこちら