三井製糖株式会社は、サトウキビ利用技術の研究開発において、このたび、当社関連会社のタイ国クムパワピーシュガー株式会社で発生するバガスを原料として、機能性素材であるポリフェノール、オリゴ糖及び燃料や各種バイオ化学品生産の共通原料となるセルロース糖を製造する技術実証を行なうため、東レ株式会社と合弁会社を設立します。

プレスリリースはこちら