国立大学法人東北大学金属材料研究所の千葉晶彦教授、山中謙太助教ら研究グループが開発した「いわて発高付加価値コバルト合金:COBARION」を用いた脊椎内固定器具が、医療機器製造販売承認を受けました。コバルト合金は、強さと硬さ、そして優れた耐食性・耐摩耗性を兼ね備えていることから、人工関節や歯科材料等、様々な医療用デバイス、インプラントに使用されています。

プレスリリースはこちら