九州大学大学院医学研究院の吉良潤一教授、山﨑亮准教授らの研究グループは、気管支喘息モデルマウスにおいて、アレルギー炎症が中枢神経グリア細胞を活性化し、神経因性疼痛を引き起こしていることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら