国立研究開発法人産業技術総合研究所【理事長中鉢良治】(以下「産総研」という)環境管理研究部門【研究部門長田中幹也】環境計測技術研究グループ谷英典主任研究員、佐藤浩昭研究グループ長、同部門付鳥村政基総括企画主幹らは、ヒト細胞が有害性を感知すると細胞内でのRNA分解速度が遅くなる現象を基に、蛍光プローブを導入したヒト細胞内でのRNA分解速度を蛍光強度の変化から測定して、簡便で迅速に化学物質の有害性を評価できることを実証した。

プレスリリースはこちら