理化学研究所(理研)バイオリソースセンター新規変異マウス研究開発チームの牧野茂開発研究員、権藤洋一チームリーダーらの研究チームは、マウス細胞を用いて、ゲノム編集技術により目的とするフレームシフト変異を導入したところ、想定外のタンパク質が翻訳されるという現象を発見しました。

プレスリリースはこちら